★ パパラヂオお薦め記事 ★・・・嫁の優しい声 スイミングプール事件簿 通勤電車

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
息子からの抗議
今日は仕事が休みなので、昼前から近くの
イトーヨーカドーへ買い物に行く事に決定。


土曜日でしかも雨という事もあって、駐車場は満杯だし
店内も結構な人で賑わっていた。


嫁は食料品の買出し以外にも、雑貨を見たりするので
俺とちゅん太は暇を持て余していました。


とりあえずタバコを一服吸おうと、出入り口近くに行き
フーッと一息をつていると、ちょっと屁をしたくなりまして・・・


周りを見渡しても人はいないし、ちゅん太だけなんで
まいっか・・・と


ぶー ←いい音。「ミ」くらいの音程




息子 『あ!お父さん』


俺  『聞こえたか?』


息子 『わー、ブー言うたで』



不意に聞こえた俺のサウンドにちゅん太は大笑い。
4歳のちゅん太にとって、オナラは笑いのツボのひとつで
自分がオナラをしても、俺がオナラをしても笑って楽しそうにするんです。


今回も最初はいつも通り笑ってたんですが、途中から真顔に変わり・・・



息子 『・・・・・うっ』


俺  『くさいか?』


息子 『めっっちゃクサイ・・・』


俺  『あははははは』


息子 『うんち漏らしたん?(゚Д゚;)


俺  『漏らすかー!』


息子 『もう・・・めっちゃクサイやんか!』ヽ(`д´;)/

そんなにクサかったんか・・・
だんだん父さんヘコんで来たぞ (´Д`)


























息子 『お父さんのオシリ

    全然かわいくない!』 (>Д<)


そうですか、そうですか。 _| ̄|○


| 息子ネタ | 22:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
興味深々
我が最愛の息子、ちゅん太4歳。
今のところ非常に元気で活発に育ってくれており
時には言う事を聞かず、嫁に怒られる事も多いですが
親バカかも知れないけれど、素直な子になってると思います。


前から書いてるんですが、ちゅん太は自分の体と
俺の体の違いについて随分興味を持ってるようでして
特に最近興味を示してるのが「毛」でございます。


夜ちゅん太を寝かしつけようと、一緒にベットへ行くんですが
しばらくは二人でゴロゴロしたり、話をしたりして過ごします。




息子 『お父さん・・・』


俺  『ん?』


息子 『ワキから髪の毛が生えてるで』


俺  『なはは、これはワキ毛と言うんや』


息子 『ワキ毛?』


俺  『ああ、大人の男の必須アイテムだ』



自分のツルツルのワキと交互に見比べながら、マジマジと俺のワキに見入る息子。
自分の体と何故こんなにも違うんだろう・・・って感じで目がキラキラしています。




息子 『取ってもイイ?』


俺  『え?ワキ毛を?』


息子 『うん』


俺  『アカンで!めっちゃ痛いね・・・』


プチッ←2本抜きやがる音


俺  『痛っ!こら、抜いたらアカンて・・・』


息子 『きゃっほ〜〜〜〜い

    うひょ〜〜〜〜〜♪』 (゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)




うまく抜けた事に大喜びの息子。
不意をつかれたので、痛かったですがケタケタ笑う息子は楽しそうです。


まあまだ4歳なので、ワキ毛が生えるなんてまだまだ先の話ですが
ちゅん太は興味いっぱい夢いっぱいの模様で


ふとした拍子に何回も自分のワキを見つめては
納得いかないような、何とも言えない顔をしています。





息子 『ちゅん太には何で無いのかなぁ?』


俺  『心配せんでも、ちゅん太にも生えるよ』


息子 『え?何?』


俺  『ちゅん太も大きくなったら、わき毛が生えてくるよ』


息子 『・・・・・・。』
























息子 『イヤや。怖いやん』 ( ・ω・)ノーサンクス

怖いから抜いたんか・・・_| ̄|○ il|li






我が最愛の息子、ちゅん太4歳。

素直すぎる子に育っております
| 息子ネタ | 22:16 | comments(5) | trackbacks(0) |
嫁と息子
先日、嫁が息子を膝に乗せて本を読んであげてた時

最初はおとなしかった息子が鼻をクンクンさせだしたそうです。



嫁 『なんとその時・・・(朗読中)』



息子 『クン・・・クンクン』



嫁 『ん?どうしたの?』



息子 『うーん』



嫁 『なーに?どうしたん?』



息子 『お母さん・・・』



嫁 『ん?』














息子 『ほっぺた臭いで』 ( ・ω・)



嫁 『・・・・・・・_| ̄|○ 』

| 息子ネタ | 21:23 | comments(3) | trackbacks(0) |
DNA
どこの家庭でも同じかも知れませんが、我が家では時々
「ちゅん太はどっちに似ているか?」で討論になる事があります。

まだちゅん太が2歳くらいまでは、どっちかと言うと俺に似てるって言う
声が圧倒的に多かったんですが、ここ最近はめっきり言われなくなりました。

変わりに嫁に似てきたって意見が、多数を占めるようになり嫁は鼻高々
鼻の穴全開のフンガー状態になっています。




嫁 『な?な?やっぱり私に似てるねんって。』


俺 『そっかなぁ?例えばドコよ?』


嫁 『まずはキリッとした大きな目』


イヤ奥さんはキリッとしてない、目も大きくない


嫁 『クチビルの形なんかも私やん?』


他にも歯の綺麗なトコだとか、まつ毛がしっかりしてるトコとかも
自分に似ていると主張を続ける嫁。



嫁 『顔に関して言えば、ほとんど私のDNAですな



俺 『お、俺のDNAはどこへ・・・?』



嫁 『あんたのDNA?』



俺 『おう、少しくらいで似てるトコあるやろ』



嫁 『ああ・・・あるなぁ』



俺 『ホンマか!鼻か?耳か?』



嫁 『ここはそっくりやで・・・』






ちゅん太を後ろに向けて・・・

















首の後ろ♪

聞きたかったのは顔で似てるトコなんだけど・・・ _| ̄|○ チクショー
| 息子ネタ | 23:24 | comments(3) | trackbacks(0) |
比較
俺が風邪気味の時や、体調が悪い時に嫁が息子を風呂に入れてくれる。
他にも仕事で帰りが遅い時にも、入れてくれるのでスゴクありがたい事です。

ただ

俺と風呂に入る時に、俺の股間に興味があるように

嫁と風呂に入る時にも、股間に興味があるようです。





嫁 『今日さぁ、この子を風呂に入れてたら何て言ったと思う?』



俺 『さあ?何て言うたん?』









息子 『お母さんのティンティンっておっきいな』  ( ´∀`)










息子よ・・・一つ聞くから良く聞いてくれ。

お父さんはお前に「女性にティンティンは無い」などと

常識に縛られた当たり前の答えを言うつもりはない。

俺達大人の目に写る事が全て正解だとは限らないから

お前の見た世界、お前が見出した価値観を大事にしてやりたい。

お父さんは常々そう考えてるし、それで良いと思ってる。

だからお母さんの股間を見て

「ティンティン大きい」と言った事自体を責めはしない。

お前の目には、そう見えたのだろう。






ただな・・・一つだけ聞きたいんだ・・・






















いったい誰と比べたのかと

父さんか?父さんと比べたのか?どうなんだオイ


| 息子ネタ | 23:35 | comments(5) | trackbacks(0) |
目線


【本日の記事は、ちゅん太の目線で俺を見てみます。】








父 「ただいまー」


お、やっと帰って来た。今日も遅いなぁ


ボク 「お父さ〜ん!お帰り!!」


さあ遊んでくれ!待ちくたびれたよ。
さあさあ、早く早く!
遊ぼ遊ぼ遊ぼー!!

ねえねえお父さん、今日は何してあそ・・・






臭っ !( ゚Д゚)




なななな何だ!?この臭い?
どこから?どこから漂って来たんだ?



ありえない・・・考えられない臭いだ。

ボクがこの世に生まれでて4年。
ボクの人生で間違いなく3本の指に入る激臭だ。
もう「臭い」っていうか「苦い」に近い激臭だ。



こんなメイクミラクルな臭いはどこから発せられてるんだ?
早く臭いの出所を捜索して、対処しなければならない

だってボクの鼻がさっきから訴えてる・・・

これは危険だと。



クンクン ( ・ω・) ドコダ・・・?















お父さんの足でした。_| ̄|○ クサイヨ パパン






今日はお母さんと仲良く、買い物に行ったり遊んだりして
とても楽しくて充実した一日だった。
夜になってからも、お気に入りのオモチャで遊んでて
とても平和な家庭だった。





そんな平穏な家庭に、危険な香りを撒き散らす

お父さんはテロリスト


| 息子ネタ | 21:35 | comments(5) | trackbacks(0) |
怪獣
最近仕事の方が忙しく、帰りが遅くなるので
ちゅん太とお風呂に入る機会が、グッと減りました。

ちゅん太がまだ乳幼児の頃から、風呂に入れるのは俺が担当でして
そこで成長具合が確認できたり、話しかけたりするステキ時間でした。

相手が息子とは言え、男同士の裸の付き合いはなかなか良いもので
例えまだ対等に会話が出来なくても、風呂用のオモチャで無邪気に
遊ぶ姿を見るだけでも、十分幸せを感じれます。

しかし

ある時期から風呂に入る時に、妙に視線を感じる箇所が出て来ました。
男の子なら・・・あるいは子供全般でそうなのかも知れませんが

どうやら自分との違いが気になるみたいです。

脱衣所で服を脱ぐと・・・



息子 「 ( ・ω・) ジィー 」



どうやら息子ムスコに興味深々


4歳から性教育を始めるつもりなんて気はサラサラありませんが
息子が興味を示してるのであれば、教えてやるのが父親の務め。


ティンティンに関して言えば、何でも教えてやれる自信あり


いつもの「何で?」「何でこーなってるん?」の攻撃もドンと来い
迎撃準備はオーケーだ











息子 「( ・ω・) ウズウズ」


息子 「(( ・ω・)) ウズウズウズウズ」




さあ・・・何でも聞いてくれ。お父さんに聞かせてくれ。

持てる知識に総動員をかけてでも、しっかりと答えるつもりだ。

こんな「父と子の男塾Q&Aコーナー」を早くも出来るなんて

お父さんは感無量だ


さあ・・・さあ聞かせておくれ


お前の魂の質問を・・・


















息子 「オイ!怪獣め!」






俺 「!( ゚Д゚) かっ怪獣!?」





息子 「ボクはマジブルー! やっつけるゾ!」


_| ̄|○ 頼む。ティンティンはやっつけないでくれ・・・






逃げるように湯船に向かう俺のオシリに、容赦ないマジチョップが襲う。
| 息子ネタ | 23:16 | comments(6) | trackbacks(0) |
風呂
かなり前の話し、ちゅん太と風呂に入ってた時
思いもかけず投げかけられた質問


「何コレ?」


ここ数日、嫁のネタばかりで息子の事をあまり書いてなかったので
久しぶりに純度100%の息子ネタを書こうと思いましたが



久しぶりの息子ネタなのにテーマは金○です。 _| ̄|○ スマン...息子



で話を戻して風呂で、ちゅん太の体を洗ってやろうとした時
タオルを床に落としてしまって、タオルを拾おうと前屈みになりました。

ちょうどちゅん太に尻を全開に見せてる状態です。

するとその地獄絵図とも言える壮絶なモノを見たちゅん太が
たまらず指をさして言いました。


息子 「うわぁ!凄いでぇ!」


俺  「ん?」


息子 「何コレ?」


俺  「え?あっ、ああぁ.....金○や」


こんな俺でも改めて息子に金○をマジマジと見られると恥ずかしく
ちょっと内股になりつつ、照れ隠しに会話を続けました。



俺  「凄いって何が凄かったんや?」


















息子  「スゴイ気持ち悪ぃ」










お前の故郷なんだぞ...Myサン _| ̄|○
| 息子ネタ | 23:05 | comments(3) | trackbacks(0) |
便秘
ちゅん太は便秘気味である。
赤ちゃんの頃からそうなんだが、なかなかウンコが出ない時があって
そん時のお腹のポッコリ具合は、まるで中年おやじクラスなのだ。

赤ちゃんの頃は便秘になると、綿棒で浣腸したり肛門をマッサージしたり
お腹を手の平に乗せたボールでマッサージしたりして色々苦労をしたもんだが
さすがに4歳ともなると、そう言った手段を使わなくなった。
それでも便秘気味のときは風呂で肛門をマッサージはしたりします。

ただしこの「お風呂で肛門マッサージ」は諸刃の刃
肛門マッサージで刺激された為か、湯船に浸かってる時に屁が解き放たれます。






ブッ・・・ポコポココココ(不規則に揺れながら上がってくる悪魔の泡)
                   




ポワッ(水面で炸裂する悪魔の泡)









「うおっ!ちょっ・・・くさっ!」



ちゅん太「あはははははは。ポコポコって言うたでぇ」←スゲェ嬉しそう




普段の屁はあんまり臭くないのだが、「便秘+湯船」の公式がハマった時の臭さは
ダントツのぶっちぎりの臭さで、臭いだけで言えば4歳とは思えない貫禄があるんです。


まあ・・・赤ちゃんの頃はミルクや離乳食だったので、オナラも臭くは無かった事を思えば
これも成長を感じる一つの要素なのかな?と思う時もあります。


| 息子ネタ | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
初ブログ
いよいよ今日から初ブログ。
記念すべきブログ一回目は嬉しい出来事を・・・。


自慢の息子「ちゅん太」が、父の日に向けて俺の似顔絵を書いてくれて
しかもその絵が、近くのサティに展示されてるらしいのだ。
胸を躍らせながら車を走らせてサティへ...



作:ちゅん太画伯


ちゅん太!お父さんはメチャクチャ嬉しい!
頭がモヒカンなのが若干気になるけど、とてもとても感動した!

アゴがアントニオだけど、とてもとても嬉しいぜぃ!

いつも家で怒る事が多いのに、ちゅん太が書いてくれたお父さんの顔が
笑顔になってる事が凄く嬉しいよ。

ありがとう、ちゅん太。
| 息子ネタ | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |